Ni基単結晶超合金の溶体化処理

ジェットエンジンやガスタービンの動翼などに最近使用され始めているNi基単結晶超合金の溶体化処理を行いました。
処理温度は1300℃を超え、不活性ガスのアルゴン雰囲気にてHV7炉にて実施。物温センサにて実体温度測定も行いました。