真空熱処理

nyuuro HV7

2015年1月に、ドイツIpsen社製新型真空熱処理炉(HV7)を導入しました。

ワーキングゾーン   610x900x610H
積載重量   800kg
最高温度   1320℃
到達真空度   10-3Paの高真空
可能ガス   窒素、アルゴン、水素(パーシャルのみ)

航空機部品の熱処理設備規格 AMS2750対応 

AMS2750対応の真空熱処理炉が2基あります。HV7炉は150~640℃を±6℃(クラス2)、 640~1100℃を±8℃(クラス3)で管理し、時効処理から溶体化処理まで幅広く対応できます。実体温度計を装備しており、確実に均熱時間を制御できます(タイプB)。

また、ULVAC製縦型2室真空炉(HV2炉)は480~640℃を±6℃(クラス2)で管理し、時効処理が可能です。2台とも島津製作所航空機事業部の設備認定を有しております。

処理可能な材質・材料規格

・析出硬化系ステンレス鋼(AMS2759/3) 
・オーステナイト系ステンレス鋼(AMS2759/4)
・マルテンサイト系ステンレス鋼(AMS2759/5)
・ニッケル、コバルト合金 
・チタン、チタン合金

10基の真空熱処理炉であらゆる鋼種に対応

積載荷重が30kgの小型試験炉から1,300kgの大型炉を取りそろえております。真空油冷炉もあり、構造鋼や合金工具鋼の真空焼入れも対応しております。

 

真空熱処理炉の設備についてはこちらから
ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話072-814-7000

お問合せフォームはこちら

お問合せ・見積依頼はこちら

ページトップへ
ページトップへ