無酸化処理

無酸化処理

無酸化処理とは?

無酸化処理とは、還元性ガスや不活性ガスを使用した雰囲気炉に無酸化処理 拡大
より熱処理を行う技術です。
金属表面を酸化させることなく熱処理をすることができ、光輝性は真空処理よりも劣りますが、各種部品に広く用いられます。
弊社では、SK材やHMD材の金型を中心に、工具や機械部品に採用しております。

ソルトマルクエンチ法とは

無酸化処理という名称は加熱する際の雰囲気を表した言葉です。
焼入れするために必要不可欠な冷却方法や冷却材は様々な種類があります。
弊社では、硬く、歪みにくく、割れにくいことを目指し、ソルトマルクエンチ法を採用しておりソルトによる冷却は、油と異なり蒸気膜段階が見られないため均一に冷却が可能で、かつ表面異常層の緩和に効果があります。
マルクエンチ法は表面・内部ともMs点直上にまで冷却し (図-1) 
その後ゆっくりとマルテンサイト変態を生じさせることにより熱処理ひずみが少なくなります。(図-2)
弊社では精密性を要する金型にこの方法を用いて、焼割れや変寸・歪みを少なく焼入れ致します。
熱浴にはMs点よりも若干低い温度約160~180℃のソルトを利用致します。厳密には変則マルクエンチといい、厚肉もののマルクエンチに適した方法です。

つまり、複雑な形状に加工された自動車用プレス金型の焼入れにも最適といえます。

図-1_マルクエンチ変態 図-2_歪みのバラツキベアリング鋼1

合金工具鋼などに

SKSやSK3などの合金工具鋼は、ダイス鋼に比べて加工性は良いものの焼入れによる変形に課題があります。 私たちは、薄物のプレートや刃物にも適用できる歪の少ない処理方法として、ソルトマルクエンチ法を採用しております。

私たちのピット式浸炭雰囲気炉やケース式浸炭雰囲気炉はバッチ式のため、少量多品種の焼入れに対応できます。 無酸化処理、浸炭焼入れだけでなく、焼鈍、調質など幅広く処理いたします。鋼種や浸炭深さ、母材硬度など、仕様の違いから短納期でできないとお困りのお客さま、是非ご相談ください。

さらにサブゼロ処理は深冷処理とも言われ、0度以下に冷却し残留オーステナイトをマルテンサイト に変態させる処理です。サブゼロ処理のメリットは、①硬さの上昇、②置き狂いの防止、 ③耐摩耗性の向上などがあります。金型や冶工具の高付加価値化に最適な処理といえます。

焼入れという熱操作が素材の変体を伴う以上、歪み(変形と変寸)をゼロにすることは不可能です。 しかしながら、同じ熱操作を用いて歪みを小さくすることが出来ます。 これが、プレステンパーです。プレステンパーは冷間での歪みの矯正と異なり組織の変態を伴うため、 経時変化が生じない優れた歪み矯正方法です。

処理可能な材質・材料規格

・炭素鋼(S45Cなど) 
・合金鋼(SCM435、SK3など)

ご質問やご相談は、お気軽にどうぞ。

お電話でのお問合せはこちら

  • お電話072-814-7000

お問合せフォームはこちら

お問合せ・見積依頼はこちら

ページトップへ
ページトップへ